芦屋インターナショナルスクール Building Firm Foundations


芦屋市陽光町4-1
0797-35-5011

沿革

■御影インターナショナルプリスクール時代

1964年 バルク良子により、大石外国人子供会として立ち上げ
1970年 御影山手インターナショナルプリスクールへと編成
1990年 御影インターナショナルプリスクールへと名称変更
1995年 阪神大震災により、御影インターナショナルプリスクールが崩壊。
新生御影インターナショナルプリスクール
2002年 NPO法人ミカゲインターナショナルチルドレンセンター設立

■御影インターナショナルプリスクールから、芦屋インターナショナルスクールへ

2003年 兵庫県の要請により潮芦屋にて御影インターナショナルプリスクールの姉妹校として芦屋インターナショナルスクール開校
2004年 バルクジェイが校長に就任
学校の理念である「揺るがない土台づくり」に力を注ぐ
2005年 夏季プログラム開講
バケーションバイブルスクールが始められ、世界中から若者が集まる
以降、毎年夏には実施
2006年 兵庫県から学校法人としての認可を受ける
2007年 第二校舎の完成
2008年 SATテストの導入
本校受験生は毎年、80~90%の好成績を収める
2011年 御影インターナショナルプリスクールと統合
保育と幼児教育を一貫して行う体制に