芦屋インターナショナルスクール Building Firm Foundations


芦屋市陽光町4-1
0797-35-5011

校章・教育理念について

校章について

校章に込められた想い

ロゴの形は車輪です、丸い円とその中が4分割され十字を形成しています。外側の円は精神的発達を表します。

4分割されたそれぞれの部分は、精神的、社会的、肉体的、情緒的な成長を表します。車輪は、中心の4分割がバランスよく配分されていなければ、うまく回転することができません。人間も同じように心身共にバランスよく成長することがより良い人生のために必要不可欠と考えます。

中心円の後ろから輝いている光は、神が最初に創造された光を意味します。光は神がいつも私達を支えて下さっていることを表しています。

鳩は平和の象徴であり、歴史的にも人々に吉報をもたらすものの象徴です。 白い色は純粋さを表しています。純粋な鳩の首に掛かっている鍵は、知識の鍵です。この鍵で子供たちがまだ見ぬ未知の世界の扉を開けるという意味を表しています。

円の下部に書かれている「E」で始まる4つの単語は、本校の教育理念を表したものです。
それぞれの単語はみな動詞で記されています。これは壁に掛かった言葉でなく、生徒達そのものが学校生活のなかで日々表現して行く動作であって欲しいからなのです。


教育理念

Equip / 備える
心も体も健全で、社会性を備え情緒豊かな人になるために、神からの知恵と知識を備える

Encourage / 励ます
神から与えられた才能と長所を発見し、弱さを克服し自信を持った人になれるように励ます


Endure / 耐える
人格形成において困難な時にその人格を強化することを覚え、どんな厳しい状況にあっても困難を克服する忍耐をつける

Excel / 秀でる
将来、知的で正しい決断のできる国際的に秀でた指導者となるよう助ける